勤務日時の確認に便利なタイムカード

世の中には様々な種類の企業がありますが、いずれの企業であっても従業員の勤務をしっかり把握する必要があります。

パートやアルバイトなど、時間給による給料の計算が必要な場合であれば、特に正確に把握しておく必要があります。



月給の正社員の場合であっても、時間外労働や遅刻、欠勤、有給など給料に関わってきますので、しっかりと把握しておくことが必要となります。

Yahoo!ニュースの情報をお知らせいたします。

このような従業員の勤務を把握するために、タイムカードを用いることが多いです。

タイムカードは、タイムレコーダーとセットで使用する場合がほとんどで、各カードには専用のレコーダーが発売されており、この専用のタイムレコーダーへカードを差し込むと、その時点での時刻をカードへ印字するという仕組みになっています。


このレコーダーは日時を印字することが主な機能となっていますが、レコーダーによっては打刻した時刻を遅刻や外出といった具合に、種類別に打刻することができる機能があります。この機能は、メーカーによって種類なども異なりますが、非常に便利な機能です。
現在では、タイムカードに代わりインターネットなどを利用してウェブ上で打刻するなどの方法もあります。

しかしこの方法では、年配の人が使用するには困難となる可能性が非常に高くなります。



その点タイムカードの場合であれば、タイムカードをレコーダーに差し込むだけで自動的に打刻してくれますので、誰でも簡単に使用することができます。