勤怠管理の意義について

勤怠管理とは、企業の出勤、退勤などの状況を把握し、管理することです。

出勤時間や退勤時間を管理することで給与の計算などの際にし用いられます。


またこの範囲には有給休暇についても含まれており、取得を促す際などにも用いられます。



勤怠管理の記録には、タイムカードが多く用いられていました。


ただ最近においては、ICカードが用いられるようになってきました。

出勤時、退勤時の入退出などにICカードをかざして管理を行うものです。その情報は、インターネットを通して本社や総務部に送られ包括的に管理されます。

より効率的に管理が出来るようになったといえます。

これからもさらなるイノベーションが求められます。
勤怠管理を厳格に管理することは企業側、社員側双方にとって意義があります。



企業側にとっては、リターンに見合わない残業を発見でき、コストを抑え生産性の向上を図ることが出来ます。

管理者が必要なコスト、不必要なコストを判断する重要な要因であるといえます。

また、法令遵守の面からも意義があります。

企業側は労働基準法などの法令を遵守する義務を負っています。

勤怠管理を厳格に行うことは、法令遵守を証明するものとなります。
社員側にとっての意義は自分が働いたことを証明するということです。

あなたが求めるGIRL'S TALK - Amebaを手軽に利用してみませんか?

どれくらい働き、どれくらい休憩を取ったかを厳格に管理することを促すことは、給与を明確に取得するというだけでなく仕事に対するモチベーションや今後の人生設計に直結することであるといえます。
このように勤怠管理を厳格に管理し、より分析しやすくすることは企業側のみならず社員にとっても大変意義があります。